言語聴覚士の求人、就職について

言語聴覚士は作業療法士などと同じリハビリテーション専門職の一つです。



比較的新しい資格でもあります。

ことばの障害(発音、発達遅滞など)、聴覚の障害(聞こえ、難聴など)、嚥下障害(物をうまく飲み込めない障害)に対して、医師の指導のもと、リハビリのプログラムを考え、提案をし訓練などを行います。それらの障害には生まれながらの先天性、病気や外傷などによる後天性の両方があります。

幅広い分野のOKWaveの正しい情報はこちらです。

障害の程度も軽度から重度まで、年齢層も子供から高齢者までと様々な患者がいます。



それぞれのケースに合わせたプログラムを考えて提案、訓練のサポートをするのです。

言語聴覚士になるには、大学や短大、専門学校などで専門教育を学び国家試験に合格すれば資格を取得できます。

言語聴覚士の就職についてですが様々な職場があります。
リハビリテーション専門職というと病院に勤めるというイメージが強いと思いますが、様々な場所から求人があります。
病院だけではなく、福祉施設や老人施設の他、歯科などからも求人があり様々な職場で活躍ができます。

一度資格を取得すれば一生使える資格なので、全国どこへ行っても求人があり、就職に対する心配はないでしょう。

言語聴覚士は男女の差がなく働ける資格で、やりがいも感じられ充実感も得られる仕事です。

障害を持つ人達の味方であり、人の役に立ちたい、回復に一緒に喜びを感じられる、そのような思いを持っている人に合っている職業です。
比較的新しい資格ということもあり、求人も多く就職先も色々とあるので安心です。